こんぱち。

音楽サークル「ましろ。」についての情報やDTM、ゲームについてだらだらぐだぐだ語ります。 たまにゲーム以外の事も。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外のPSNを覗いてみよう


Category: PS3   Tags: PS3  PSN  SCE  
特にめぼしいものが無くても更新日はついつい覗いてしまうPSストア。
今世代機からのスタンダードとも言えるこのストア、日本と海外ではどう違うのか?
それを主観で語ってみよう。

※相変わらず長文です。また、今回紹介するのは北米、イギリス、香港です。

今回はYoutube動画がかなり多めです。再生時にエラーが発生して再生出来ない場合はページを再読み込みして下さい。

・日本PSN

まずは日本のストアの公式を。

PlayStation®Store | プレイステーション® オフィシャルサイト

日本のストアに関しては実際覗いてみて貰えれば解るので、そんなに語る内容も無いんだけど…。
毎週木曜日の更新分に関しては公式サイトから確認する事も出来る。
ちなみに、PS1のゲームを配信しているゲームアーカイブスの配信数は世界のPSストアの中でもダントツにトップ。
レア化してしまってなかなか入手し難いソフトも配信されていたりするので、色々探してみると面白いかも。
皆忘れかけているが、PS3はPS1のゲームも普通に動く。(ディスク版そのまま)
アーカイブスはPSP専用のものもあったりするので実際にDLする場合は要確認。
対戦等のマルチプレイもPSPでは対応していない場合があるのでこれも要確認。

尚、日本のPSNでも「hulu」のサービスが始まった事により、XMB上に「テレビ/ビデオ」の項目が追加された。
音楽の項目の所に「VidZone」も追加されているが、これが他の人のPS3でも同じなのかどうかが解らん。(自分はイギリスアカウントを持っている為)
イギリスアカウントではVidZoneは以前から始まっているサービスで、イギリスアカウント上でのXMBでは以前から表示されていた。
ちなみに、VidZoneは日本からの視聴は出来ない。
地域制限で弾いているらしく、イギリスアカウントでログインしても観る事が出来ない。

・海外のPSNに共通する仕様

まず、海外アカウントの作成、管理やそれに伴うトラブルの一切については自己責任で、という事を何度も何度も書いておく。

今更海外アカウントの作り方を説明はしないが、それを紹介しているブログ記事は他にも大量にあるのでそれを参照して頂きたい。
では日本から覗いた場合の共通仕様だがまず第一に、他の国のビデオストアを覗く事は出来ない。
ストアに入ってもビデオストアへのリンクが表示されない仕様。
これは恐らく、他の国から日本のストアに入っても同じだろう。
従って、ビデオストアで配信されているビデオはDLする事が出来ない。
時折ストアトップの広告で映画が表示される事はあるが、そこから入っても「お住まいの地域では視聴出来ません」という表示が出る。
また、XMBも各国の仕様によって少し変化が出る。
先ほども書いた「VidZone」のようなサービスだが、そのほとんどのサービスは日本国内からは使用出来ない。

また、今回紹介する北米・イギリス・香港ストアのメニューは全て英語。

各国に対応した「PlayStation Network Card」があれば有料コンテンツもDLする事が可能。
PS3ゲームの場合はリージョンフリーなので、DLした後にそのまま日本のアカウントでプレイする事が出来る。
ただしPSPの場合は別で、対応する国のアカウントでPSPを再認証しなければならない。

「PlayStation Network Card」については各輸入ゲームショップや、Play-asia.comで入手可能。
※北米PSNカードや香港PSNカードはAmazonでも買える模様。

これらを踏まえた上で各国のPSストアを覗いてみよう。

・北米PSN

PlayStation.com Homepage |The official site for the PlayStation Network, PlayStation 3, PSP, PSPgo and PlayStation 2

アメリカのPlayStation公式サイト。他にも、

PlayStation Blog : The official PlayStation Blog for news updates on PlayStation Network, PlayStation 3, PSP and PS Vita

PlayStation公式ブログが存在する。新しいコンテンツの紹介等はこちらのブログでよく紹介される。
(余談だが、例のPSNハッキング事件の時や、うるう年事件の時も障害対策について逐一このブログは更新されていた)
ついでの余談だが、上記のPlayStation公式サイトでサインイン(日本のアカウントでOK)すると、トロフィーやフレンドリストを観る事が出来る。
一部のトロフィー(恐らく英語化されていないもの)は表示されないが、大体のトロフィーは確認する事が可能。

さて、北米ストアの特徴を一言で言ってしまうと、「配信されているコンテンツ総量がハンパじゃない」事。
特にデモ(体験版)の多さは世界中のPSストアの中でも最強クラス。
日本では既に配信終了となっている体験版も北米ではまだ残っていたりする。
それと勿論の話ではあるが、海外でのみ配信されているDLゲームがかなりある。
日本でも一部のソフトは「Western Game バイヤーズセレクション」として配信されているが、それでも全く追い付かないぐらい海外でのみ配信されているソフトは多い。
例えば…。

DEAD NATION


SUPER STREET FIGHTER II Turbo HD Remix(IGNのビデオレビュー)


SUPER PUZZLE FIGHTER II Turbo HD Remix


FINAL FIGHT:DOUBLE IMPACT(&Magic Sword)(ビデオレビュー)


Soldner-X 2:Final Prototype


Acceleration Of Suguri X-Edition


Crescent Pale Mist


ざっと思い付く限り、これだけの作品が日本未配信。勿論、まだまだある。
「DEAD NATION」がグロテスク描写でアウトなのかどうかは知らないが、「Soldner-X」シリーズは横スクロールシューティングであるし、それ以外の作品は全て元はと言えば日本製。
もっとも、「HD Remix」シリーズに関しては言えば開発はUdon Entertainmentであり、「Final Fight」はProper Gamesではあるのだが…。
更に言えば、「アクセラレーション・オブ・スグリ」「クレセントペールミスト」は、日本のPC同人ゲーム作品である。
この辺り、販売する権利を持っているのが何処であるのか、という権利ビジネスのややこしさを多少ではあるが垣間見る事が出来る。
ちなみに、「アクセラレーション・オブ・スグリ」のサントラを一時期北米PSNで無料配信していた。
今もあるのかどうかは…、ちょっと未確認。トランスがメインのサントラなので気になる方はチェックしてみても良いかもしれない。



また、日本では展開されていない「PSP minis」も北米・イギリス・香港では展開されている。
独自コンテンツとしては、Christina Leeが出演する「PULSE」がまず挙げられる。
隔週更新の動画コンテンツで、その時々の最新ゲームの紹介、DLゲームのランキング、映像作品のランキング等を紹介する。
E3ではソニーのカンファレンスを配信したり、その他のGamescomや各種イベント時の動画も多数配信されている。
YoutubeのPlayStationオフィシャルチャンネルでは「PULSE」の他、ゲームのトレイラーやCM等も多く配信されている。



独自コンテンツとしては「Qore」もある。
立ち位置としては「PULSE」に若干近いものはあるが、こちらは焦点を当てたソフトの開発者へのインタビューや開発秘話などが多い。
ちなみに、Qoreは有料。(2.99ドル)



PS1のゲームアーカイブスも配信されてはいるが、日本ほど数は多くない。
配信されているゲームも海外で発売されていたもののみから、日本語版のまま配信している「PS1 Classics import」もあったりする。
他には配信されているゲーム等のサウンドトラックやTV用のアプリケーション、PS3・PSPのテーマも数多く配信されている。

北米PSNの場合は新規更新分は「Latest Contents」から確認する。
そこから「PSN Exclusive」というメニューも出て来るが、特に細かくチェックしないなら観る必要は無い。(「PSN独占コンテンツ」が分けて入れられているだけで、「Latest Contents」から全て確認出来る為)
とにかく、北米アカウントを一つ取っておけば大量にあるデモやトレイラーで一週間ぐらいは余裕で暇を潰せたりする。

尚、更新は時差の関係で毎週金曜日に確認するのが一番楽。

・イギリスPSN

Official PlayStation website

イギリス版PlayStation公式サイト。
基本的には北米PSNの特徴をほぼそのまま受け継いでいる。
DL配信されているゲームもほぼ北米と同じ。
独自コンテンツとしての差別化はやはり映像コンテンツが多い。
「PULSE」は無いが、「ACCESS」が配信されていたり、「firstplay」が配信されている。
特に後者の「firstplay」はイギリス版「Qore」といった感じか。こちらも有料。
また、イギリスPSNの特徴の一つとしては、PS3用ダイナミックカスタムテーマが他国よりも種類が豊富で大量に配信されている。
ほとんどのものが1.99ユーロ辺りから配信されているので、興味があればDLしても良いだろう。
イギリスの場合はほとんどが北米と変わらないので、どちらにするかはほとんど好みの問題か。
ただし、「Only On PSN」キャンペーンは北米のみで、イギリスでは行っていない。
今後、そういった国ごとの独占サービスが始まるかどうかは定かでは無いが…。

イギリスPSNの新規更新分は、「Featured Items」→「New This Week」で確認する。
この辺は各国で差があるものの、イギリスのメニューが一番解り易い、という印象。

・香港PSN

PlayStation Asia

PlayStationアジア公式サイト。
今回紹介する中で最後の香港PSNは、日本を含めて4つのアカウントの中で、ある意味では一番特殊なストアと言える。
これも一言で表すなら、「北米と日本の良い所を合わせたような」印象。
まず、デモやトレイラーの類はこれも基本的に北米に準ずるが(一部配信されていないものもある)、そのほとんどに「対応言語」が書かれているのが特徴的。
例としては「English/Japanese Ver.」と記載されていたりするのだが、日本のストアで配信しているコンテンツがそのまま配信されている事がポイントとして挙げられる。
例えば、「ファイナルファンタジー零式」は香港のストアでも配信されていたりする。(「Japanese Ver.」表記)
それ以外のゲームアーカイブスも日本語のまま配信されていたり、PS3やPSPの追加コンテンツも日本語版のまま配信されていたりする。
その為、北米やイギリスと比較するとアーカイブスの数は日本に次いで多い。
独自の動画コンテンツもいくつかは存在するものの、最近は更新されていない。
この英語版・日本語版・中国語版の混在は香港という地域の歴史を考えるとあながち解らない訳では無いのだが、そのおかげで世界のPSストアの中でも特殊な位置付けとなっている。
もっと言ってしまえば恐らく世界で一番バランスの取れているPSストア。
正直香港ストアが日本ストアだったら良いのに、と思ってしまう。
…と言うか、香港ドルやUSドルの今の相場を考えると実は日本国内より安く買えてしまえたりするのがアレなのだが…。

それと、PSアジア公式から自分のアカウント宛に広告メールが来るのも特徴、かも。
はっきり言ってしまえばウザイだけなんだけど、時折無料でテーマ配信のお知らせや、画像ファイルが添付されてくるので侮れない。

以上が3つの国のストアの大体の特徴だろうか。
以前に「アンチャーテッドを語る」の回でも少し書いたけど、「今世代機はいかに海外のゲームとうまく付き合うか」で世代自体の評価が変わってくると考えている。
また、今後もこういった風潮が進むだろうという予感もある。
今回紹介した海外ストアには当然、いかにも海外の人間が作った、と言えるコンテンツも数多く存在しているし、アニメ調の壁紙が配信されていても、やはり日本のそれには遠く及ばないクオリティではある。
それらの全てをチェックした方が良いとは言わないが、どういった作風であるとか、海外の作品をチェックするにはもってこいの場ではある。
日本語にローカライズされる作品は基本的に「海外でそれなりに評価を得ている作品」が多い。
海外の作品の全てがハイクオリティな訳では決して無く、まさに玉石混交…といった様相である。
「日本のゲームが~」と叫ばれる昨今、こうした作品をチェックする事はゲーマーにとってもプラスになるはずだ。
ま、その作風が合う/合わないだけはどうしようもないんだけど…。



PLAYSTATION Network Card $20 (輸入版:北米:プレイステーションネットワークカード)PLAYSTATION Network Card $20 (輸入版:北米:プレイステーションネットワークカード)
()
PlayStation 3

商品詳細を見る

PLAYSTATION Network Card $50 (輸入版:北米:プレイステーションネットワークカード)PLAYSTATION Network Card $50 (輸入版:北米:プレイステーションネットワークカード)
()
PlayStation

商品詳細を見る

PLAYSTATION Network Card HK$200 (輸入版:香港:プレイステーションネットワークカード)PLAYSTATION Network Card HK$200 (輸入版:香港:プレイステーションネットワークカード)
()
PlayStation 3

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ■PLAYSTATION®3    ジャンル : ゲーム


Comments

Leave a Comment



08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
タグリスト

 
プロフィール

GiT(じっと)

Author:GiT(じっと)
ゲームと音楽が好きなダメな人。

使用機材とか

色々

ましろ。
Youtube
ニコニコ動画
Soundcloud


 
Twitterフィード
 
 
 
Amazon TVゲームベストセラー
 
 
ブクログ
読んだ本やプレイしたゲームを忘れないように…。
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
Amazon ホビーベストセラー
 


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。