こんぱち。

音楽サークル「ましろ。」についての情報やDTM、ゲームについてだらだらぐだぐだ語ります。 たまにゲーム以外の事も。

 

一週間前だよ例大祭 Ver.2011 例大祭8


Category: DTM   Tags: 同人  DTM  東方アレンジ  博麗神社例大祭  ましろ。  目黒将司  
という訳で、修羅場、いや、鉄火場を潜り抜けてきまして、ようやく告知らしい告知も出来そうな感じです。

「 ま し ろ 。 」 の 配 置 は 「 ね - 3 5 a 」 で す !

はい、まぁ、これを書いている時点ではまだマスターデータは入稿出来ていないんですけども。
何とかなります。突貫工事と言えば「ましろ。」、「ましろ。」と言えば突貫工事。基礎知識です。

という訳で今回のポップを超公開。(無駄にフルHDサイズにしてみました。テヘ☆)

4thpop_hd

今回のイラストはトキノ唯夏さんによる、超素敵なジャケットとなりました。
今までの中で一番気に入っています。A4用紙に出力して一人でニヨニヨしております。

で、サイトの方の更新は…、まだです…。
一応FLASHで総組み替えを行いまして、と言うかゼロから作り直した感じなんですけども、
はっきり言って超初心者二人が行き当たりばったりでやってやったぞコンチクショー! なノリです。
しかも実際に組んだのは俺じゃなくて友人というね…。あの、全体のデザインとか演出とか配置とかそういうのはやりました、はい。

「ましろ。」Official※追記:更新しました! FLASHで組んでいるのでPCからの閲覧でお願い致します。

ま、あのー、近い内には更新されると思いますので、更新出来次第またお知らせ出来ればな、と。
サイトのリニューアルに伴って、旧作3枚のクロスフェードデモを急造用意しました。







で、勿論ですが、旧作も持って行きます。
なので気に入って頂けた方は是非手に取って頂ければな、と。

さて、ここからは自分の曲について色々と書いておこうと思います。

01.I'll Face My Lunatics - GiT respected for...

おや、何処かで聴いた事のあるようなタイトル…。
前回の記事でも少し触れていますが、壁上りパズルアクションゲーや悪魔合体学園生活ゲーのBGMの、あの人に捧げる1曲でございます。

原曲は「竹取飛翔 ~ Lunatic Princess」。
要は、東方×悪魔合体学園生活ゲー4、という所です。
両方を知っていると二つの意味で楽しめる…、かもしれません。
実はこの方の曲は悪魔合体学園生活ゲー3から入りまして、そこから他の曲も聴いていった、というような感じです。
実は使っている機材に多少の共通点もあったり、ポップで切ないメロや各パートの楽器の使い方には確実に影響を受けていると思います。
この方のギターはFender Stratcasterの74年モノで、自分はこの曲をWashburn N5で録音しています。
メーカーも年代も全然違うギターなのですが、簡単に説明しますと、使っているピックアップのタイプが同じなんですね。
シングルコイルのピックアップ×3。勿論ピックアップのメーカーも出力も違いますが、基本的にこのストラトと同じ構成である、という事です。
(むしろ、シングルコイルピックアップを3発搭載しているギターは大体、「ストラトタイプ」とも呼ばれます)
シングルピックアップ特有のジャキジャキ感のある歪みが鳴る感じですね。
そして、ドラム音源は同じ、BFD2
今回はマイキングにもちょっと凝ってみまして、上手くルーム感覚のような音になっていれば良いなぁ、と。
壁上りパズルアクションゲーのBGMでも、80%ぐらいのリズムはBFD2のようです。
悪魔合体学園生活ゲー4のサントラでも「BFDの設定難しいけど生音に勝るとも劣らない」と書かれていたりして、とりあえずこの方がBFD2が大好きというのが伝わってきます。
当然、俺も大好きです。
ストリングスとオルガンにQuantum LeapのGOLIATH、メロディのシンセ部分にはVanguard(だったと思う)を使用しています。
また、ギターのエフェクト、アンプシミュレータに関しては、LINE6 POD PROです。
(ちなみにあの人はLINE6 POD2
あとはDAWをPro Toolsにすれば同じような環境になるんじゃないか…、と思いますがそれはまた別の話。
手前味噌で非常にアレなのですが、今回はオルガンソロなんぞを入れてみまして、これがなかなかメロディアスでちょっと切ない感じのメロディに出来たのではないか、と自負しております。
そして最後はお馴染みのリスペクトタイムとなっております。

03.zero gravity - G.I.T.-G

上記の曲もそうなのですが、元々のコンセプトは「前述のゲームのあの人っぽい感じで」という事でした。
なので、上記の曲はもうそのコンセプトにガッツリ乗っかって、思い付いてからはノリノリで作っていたのですが、
こちらは超難産でした…。
一番最初に「こういう感じにしたいなー」と思っていた曲が、そもそもその人の曲じゃなかったり、
挙句の果てにそのイメージのように作るにはちょっと色々と無理があったりして、
イメージしていた曲が次から次へと、二転三転した曲です。
とりあえずギターのチューニングを下げてヘヴィな感じにする、という事だけは決めていたのですが、それ以外の事がもう本当にさっぱり。
ギターのチューニングは全弦半音下げ+6弦のみ更に1音下げですね。D♭。
なので、自分が今までやってきた曲の中では最低音となります。
ちなみにギターはIbanez PGM800で、POD PROを使って音を作っています。
で、結局の所、この曲を一言で言えば何なの、と言われるとですね…。
TaQの「Gravity」×「Electro Tuned」×「Distress」としか言い様が無いと言いますか…。
誤解が無いように言っておきますと、一応東方アレンジです。原曲は木っ端微塵に粉砕しました。
ドラムは相変わらずBFD2、303クローンは…、これ何だっけ…。
若干サイケデリック・トランスな風味もあったりして、「俺は好きだけど、聴いた人がどう思うかは知りません!」という、典型的な良い例だと思います。
原曲は「千年幻想郷 ~ History of the Moon」なのですが、実は昨年10月の「M3 2010 秋」の時に一度チャレンジしているんですね。
が、その時はやたらと変拍子満載のプログレッシヴな感じになりまして、(確か、リズムが3+3+3+2、ピアノが4+4+3、という感じ)
作ってる自分自身が訳が解らなくなって断念したという思い出があります。
それと、この曲に関しては「原曲のメロディは絶対使わない」という自分ルールもあったので、まったくメロディが無い、ギターのリフと303クローンのアシッドな感じが前面に出て来た、たぶん大半の人に理解してもらえない曲になったかなー、と。
ある意味では狙い通りなんですがw

まぁそんな感じで、今回デモは事前に用意…、出来るのか? どうかちょっと解りませんが、もし用意出来ればそれも告知させて頂きたいとは思っています。
そんな訳で、3月13日(日)、東京ビッグサイト東ホール、「ね-35a」でお待ちしております。

「Twitter観ました」「ブログ観ました」つっても何も出ねぇっつってんだろうが! 迎撃してやる!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方プロジェクト    ジャンル : ゲーム


Comments

Leave a Comment



10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
タグリスト

 
プロフィール

GiT(じっと)

Author:GiT(じっと)
ゲームと音楽が好きなダメな人。

使用機材とか

色々

ましろ。
Youtube
ニコニコ動画
Soundcloud


 
Twitterフィード
 
 
 
Amazon TVゲームベストセラー
 
 
ブクログ
読んだ本やプレイしたゲームを忘れないように…。
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
Amazon ホビーベストセラー
 


Archive   RSS   Login