こんぱち。

音楽サークル「ましろ。」についての情報やDTM、ゲームについてだらだらぐだぐだ語ります。 たまにゲーム以外の事も。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSP「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生」 感想


Category: PSP   Tags: PSP  感想  ダンガンロンパ  スパイク  高田雅史  小高和剛  小松崎類  
2010年11月25日発売、ハイスピード推理アクション。
開発・発売、共にSpike。

まぁ、「推理アクション」なんて言っても純粋なアクション、と呼べるものはほぼ無し。
れっきとしたアドベンチャーゲーム。それも、基本部分は古典的。
じゃあ何が良かったか? それを順に見ていこう。

※一応ネタバレは避けます。この手のゲームでネタバレするヤツはおしおきされろ。
が、どうしてもネタバレしないと書けない箇所があるので、そこはフォントカラーを変えてます。

・仲間を殺した犯人だけが卒業できる――――驚愕のコロシアイ学園生活!!

物語は唐突に主人公・苗木誠が「私立希望ヶ峰学園」に入学する所から始まる。
この高校は「超高校級」と称される、何らかの才能に秀でた者だけが入学出来、また、卒業すると既に成功を約束されたもの、と言われる高校だ。
主人公・苗木誠は特に秀でた能力も無く、「ただの抽選」で入学出来た為、「超高校級の幸運」(不運)と呼ばれることになる。
さて、希望ヶ峰学園に入学した苗木は直後、昏倒してしまい意識を失う。
気付けばそこは教室。訳も解らないまま玄関ホールへ向かった苗木は、同じように入学してきた14人の学生達と出会う。
しかし、直後現れた謎の物体・モノクマによって「閉じ込められた事」、「ここから出たければ仲間を殺せ」という事を告げられてしまう。

以上のように、相当ブッ飛んだ展開が序盤から押し寄せてくる。
ゲームは基本的に、「(非)日常パート」、「非日常パート」(捜査)、「学級裁判」と3つのパートに分けられる。

・(非)日常パート

このゲームで唯一平和なパート。
事件が起きるまでは大きく、「昼時間」と「夜時間」に分けられるのだが、「夜時間は基本的に外出、各キャラとのイベントは不可」。
なので、「昼時間」での自由行動がこの「(非)日常パート」となる。
このパートでは現状移動出来る範囲でプレイヤーは任意に行動する事が可能。
出来る事は「各部屋を調べる」「モノモノマシーン(ガチャガチャ)でアイテムを取得」、「各キャラとの交流を深める」、の3点。
特に重要となるのは「各キャラとの交流を深める」だろう。
各キャラ達と交流を深めると、後述する「学級裁判」で使用出来る「スキル」や、それを装備する為のスキルポイントを獲得する事が出来る。
各キャラにまつわるエピソードでの3択問題や、プレゼントを渡す事による好感度の増減など、このパートだけを見れば古典的なアドベンチャーゲームである。
自室のベッドで「夜時間」まで休息する事も可能だが、誰が死ぬか解らない状態のこのゲームではあまりお勧めしない。
(勿論、ゲームから退場したキャラからはスキルの獲得は不可能)

・非日常パート

死体が3人以上に発見されるとモノクマによる「死体発見アナウンス」が流れ、「捜査パート」へと移行する。
死体や現場の状況を調べたり、証拠を集めたりするパートだ。
ここで集めた証拠は後述の「学級裁判」で使用する為、よく確認しておきたい。
この段落については以上…、と言うか、これ以上書きようが無い。
何故か?
「全証拠を集め終えるまで学級裁判にはならない」から。
はっきり言って、難易度的には相当緩い。(これに関しては思う部分があるのでまた後述)
制限時間がある訳でもなく、とあるスキルを獲得していれば調べる箇所に迷う事も無く、各キャラクタの台詞で次に調べる箇所も丸解り、の超親切設計。
アドベンチャーやゲームに自信のある方は、難易度を最高まで上げてプレイしても温く感じるはず。
もっとも、このゲームの本質はこのパートでは無く、次の「学級裁判」にあるのだが。

・CLASSROOM TRIAL――学級裁判、開廷!!

実地検分を終え、全ての証拠を揃え終わると、生き残っている全生徒は「裁判場」へと集められる。
そこで仲間達と議論を行い、事件の全貌を明らかにしていく。
この学級裁判を始める前に、「弁論準備」と呼ばれる画面に移行する。
ここでは集めた証拠の詳細な説明、前述の「スキル」を選択する。
「スキル」は装備するだけで発動するパッシブスキル扱いのものから、任意で発動するアクティブスキル扱いのものがある。
「(非)日常パート」や「非日常パート」でのみ使用出来るスキルもあり、色んなキャラクターと交流を深めるのが良いだろう。
さて、この「弁論準備」が終わると、いよいよ「学級裁判」が開廷する。

・ノンストップ議論

基本的な流れとしては、各キャラクターが議論している中に「黄色い文字」の発言が登場する。
もしそれが矛盾した発言やおかしな点がある発言であれば、コトダマシリンダーに装填された矛盾を撃ち抜く「コトダマ」を△ボタンで発射し、それをぶつける、という寸法だ。
見事に相手の矛盾を論破出来れば、事件の全貌が一つずつ明らかになっていく。
もし間違ったコトダマや発言に当ててしまった場合は、発言力ゲージが減少する。
この発言力ゲージが全て無くなると、ゲームオーバーだ。(すぐにリトライは可能)
チャプターが進めばコトダマが複数装填されていたり、相手の発言を記憶して、その発言を別の発言にぶつける、という場面も登場する。
それぞれにチュートリアルが用意されているので、この辺りは特に問題は無いだろう。
それらの発言に覆いかぶさるような野次(紫色の発言)は○ボタンで発射出来るサイレンサーで打ち消す必要がある。
しかし、サイレンサーが野次以外の発言台詞に当たってしまった場合は、制限時間が減るので注意。
そして、それらの操作はプレイヤー自らが画面上に表示されるレティクルを操作しなければならない。
ただし、このゲームの当たり判定は妙にシビアな箇所があるらしく、少しズレると外した扱いになる事が多々ある。
レティクル自体もふらふらと軌道を描いている為、こういうエイミングが苦手な人はRボタンで発動する「精神集中」を活用すると良いだろう。
Rボタンを押している間は精神力ゲージが続く限り、発言速度を遅くする事が出来る。

・閃きアナグラム

議論がある場面にさしかかると、苗木が何かを閃く場面が登場する。
要は虫食いになった言葉を、浮遊する単語を打ち抜いて完成させる、というもの。
この場面に関しては特に説明も必要無いだろう。

・M.T.B.(マシンガン・トーク・バトル)

議論がヒートアップしてきた際に発生する、1対1のタイマンバトル。
…こう書くとアクション要素が強めに思うかもしれないが、要はリズムゲーム。
マーカーが画面の中心に来たときにタイミング良く○ボタンを押して相手の発言をロックオンし、(ロックオン自体は自動)
相手の発言の吹き出しが派手に動いたら△ボタンで撃ち抜く、という寸法。
撃ち抜いた発言によって残弾が減る為、これまたタイミングよく□ボタンを押してリロードする必要がある。
また、チャプターが進めば相手が「ネガティヴタイム」を発動し、マーカーが隠されてしまう。
が、音ゲーマーにとっては何の問題も無い。
BPMが途中で変化する(だんだん速くなっていく)が、大体120→150→190ぐらいなので、テンポチェンジにさえ惑わされなければコンボが途切れる事も無いだろう。
むしろここを音ゲーにする必要性をあまり感じなかった。
単にリズムを刻むより、リズムに合わせて3択程度の選択肢を選ぶ方が「らしかった」、かもしれない。
なお、Rボタンを押すと「フィーバータイム」となり、リズムがズレてもミスにならず、残弾も減らないモードになるが、
前述の通りの難易度なので恐らく使う機会は滅多に無い。(実際、一度も使用しなかった)
以上を繰り返して相手の発言力を0にした後、△ボタンで「トドメの一撃」を叩き込むと勝利となる。
これもチャプターが進めば複数のコトダマが発生するので、きちんと正解を選ぶ必要がある。

学級裁判の大まかな流れは以上だ。
これを繰り返し、事件を少しずつ明らかにして行く。
議論の途中には3択や証拠を選ぶ場面もあるので、弁論準備で証拠のコトダマに再度目を通しておくと良いだろう。
(勿論、この選択肢でミスをして発言力ゲージは減る)
そして犯人を追い詰めると、このゲームのもう一つの肝、「クライマックス推理」となる。

・クライマックス、再現!!

学級裁判の最後を締めくくるのが、この「クライマックス推理」だ。
事件を再現している漫画の所々に抜け落ちたコマがあるので、そこに正解のコマを当てはめていく。
「?」マークのコマに当てはめていく訳だが、ここまで来ると詰まる事も無いだろう…、と思うと痛い目に合う。
まず一つ。ダミーのコマが混ざっている。
これは単純に選択ミスを誘発するだけのものだろうが、それより厄介なのが、「似たようなコマがある」事。
これについてにPSPの解像度の低さ、また、コマを拡大して見る事が出来ないのが大問題。
「何を表しているコマか」がはっきり言ってかなり解りにくい。
選んだ自分はそのつもりでも、実際は違った、という事が往々にしてある。
演出手法としては面白いだけに、ここはもう少し練って欲しかった。
全コマを埋めたら再現開始、途中で間違っているコマがあればやり直しとなる。
そして、全てを正解する事が出来れば、学級裁判に打ち勝った、という事だ。

ゲームとしての大まかな流れは以上の通りで、あとはこれを繰り返してストーリーを進める事になる。

・演出、ストーリーテリング

この手のゲームで一番重要とも言えるこの二つだが、根幹のアドベンチャー部分が古典的である為、
演出手法は面白い。前述のクライマックス推理では漫画風に事件が再現されるし、(台詞の無いデジタル・コミックのような感じ)
各部屋に移動した時のオブジェクトの配置が書割のように組み立てられるように登場したり、見せる部分に拘っていると受け止められる。
唐突に登場するドット絵や、FM音源によるBGMやSEなどもそうだろう。
そしてこの演出手法をもって、このゲームは日本人にしか作る事は出来ないと考える。
(もっとも、海外の人間に受けるゲームともあまり思えないが)
演出や推理シーンの見せ方によっては、「まだここまで出来る」という事を証明したゲームである。
全体のストーリーに関しては好き嫌いが分かれるのは仕方ないとは思う。
テキスト自体が軽く、設定も設定の為、ライトノベルに分類される範疇であるのは間違いない。
ベースとしては「意外とちゃんとしたミステリ」なので、ラノベを毛嫌いしてる人でも問題は無いとは思うが。

そして、ここからは主観の話。

このゲームの最大の存在意義は、「ミステリを読まない人にミステリを解かせる」事にあると考える。
それというのも、劇中に発生する事件が「ミステリの王道」と言っても過言では無い事件ばかりだからだ。
現場交換、密室、交換殺人、偽装殺人、果てはジョン・ディクスン・カー彷彿の「密室講義」まで。
↑軽くネタバレの為、背景色と同化。
そうであれば、ここまでヒント大放出の難易度である事も頷ける。
ミステリを普段、良く読んでいる方には現場の実地検分だけでトリックと犯人の当たりまで大体ついてしまう。
それぐらい、ミステリとしての難易度は低い。
だが、前述したようにこれが「ミステリを読まない人」向けに、「謎を解く爽快さ」を味わって欲しい作品だとしたら、
これ以上までに良く出来た推理アドベンチャーは無いと言える。
そうであれば、「論破」の演出が派手な事にも納得が行く。
分類としては「本格推理」の部類になるだろうが、この手の作品としては過去、ゲームとしてもミステリを読まない人には敷居が高いものが多い。
「かまいたちの夜」は当時、あの手のゲームが無かったための別格としても、近作で言えばPSP「TRICK × LOGIC」などは本当にミステリを読ませる作品であり、ターゲット層もミステリを読む人、に絞られる。
(ゲーム的な味付けは多分にあったが、それでも「小説」を読ませるのは冒険だったと言える)
そういう意味ではこの「ダンガンロンパ」という作品が持つ意味も大きく変わってくる。

・どうしてもこれだけは言いたい細かな不満

ゲームの難易度云々の話は置いておいて、どうしても一つだけ、これだけは実装して欲しかった事が一つ。

ページ送りを十字キー右にも割り当てて欲しかった。

それぐらい。インターフェースとしては可も無く不可も無く、普通と言った所。
セレクトの読み戻しから×ボタン一発で戻れないのはちょっと「?」だったが、再度セレクト一発で戻れる為、問題無い。
あとはマップからの直接移動で向いている方向が解り辛かったりもするけど、この辺は個人差か。
(移動中は△ボタンで地図が表示可能)
マップからの直接移動で移動出来るポイントが決められてて、行きたい場所に直接行けないのは不思議。
大したロードも挟まないから特に問題にはならんけど。
どうせなら全編フルボイスでやりたかった…、というのはPSPでは無理な相談。

・総評

ともかく、推理アドベンチャーとしては新規タイトルとして冒険しているし、面白い試みが満載。
キャライラストやアドベンチャーだから、と言って敬遠するには惜しいゲーム。
こういう尖った作品がセールスに結びつかないのは残念と言わざるを得ないが…、まぁこれは仕方ないのかも。
欠点らしい欠点が無く、上手く纏め上げられたゲーム。
ストーリー自体はそんなに長くないが、満足感はあるだろうと思う。

なお、BGMはTangoの高田雅史。
彼の得意分野の集大成、と言えるような楽曲がずらりと並んでいる。
テクノ、トランス、ジャズ、ロック、今までのゲームで彼の楽曲を聴いた事がある人にはピンポイントでヒットする曲があるはずだ。
「シルバー事件」「花と太陽と雨と」「killer7」「VANQUISH」のBGMが好きな人にはヒットするかと。
エレクトロな部分は「NO MORE HEROS」を彷彿とさせるかもしれない。
特に「Beautiful Morning」は「花と太陽と雨と」の「Final Mondo」を彷彿とさせる楽曲であるし、
「議論」などは「killer7」や「VANQUISH」で聴けるようなテクノサウンドと言える。
オフィシャルブログを見る限り、「楽曲に関しては特にオーダーが無かった」そうなので、TKDサウンドが好きな人にはたまらない一本。

という訳で、気になった方は是非。単純に面白かったよ。



ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生
(2010/11/25)
Sony PSP

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : PSP    ジャンル : ゲーム


Comments

Leave a Comment



08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
タグリスト

 
プロフィール

GiT(じっと)

Author:GiT(じっと)
ゲームと音楽が好きなダメな人。

使用機材とか

色々

ましろ。
Youtube
ニコニコ動画
Soundcloud


 
Twitterフィード
 
 
 
Amazon TVゲームベストセラー
 
 
ブクログ
読んだ本やプレイしたゲームを忘れないように…。
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
Amazon ホビーベストセラー
 


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。