こんぱち。

音楽サークル「ましろ。」についての情報やDTM、ゲームについてだらだらぐだぐだ語ります。 たまにゲーム以外の事も。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何となく機材紹介 ※2013年4月28日追記


Category: DTM   Tags: 同人  DTM  東方アレンジ  機材  ギター  ましろ。  目黒将司  アトラス  土屋憲一  
そういうのってちゃんと書いた事無いなぁ、と思って。
たまにはそういうの書いたり言ったりしないと、音楽やってる人って信じてもらえないような気がする。

※2011年10月18日に追記・編集。(目黒将司氏の機材について追記)
※2013年2月3日に追記・編集。(KORG microKEY、Presonus AudioBox22VSLについて追記、手元に無い機材について追記)



※2011年10月18日追記

意外と「目黒将司 機材」でググって来られる方が多いので、アトラスネットのクリエーターワークスに記載されていた内容を記しておきます。

PC:Mac Pro クアッドコアの2.66GHZ
モニタースピーカー:NS-10M
キーボード:Trinity Pro(マスターキーボードとして使用)
ギター:Fender Stratocaster 1974
エフェクター:LINE6 POD2
シーケンサ:Protools HD
ドラム音源:FXPansion BFD2
(2007年6月時点)

だそうです。ProToolsのヴァージョンやPCの構成、モニタースピーカー辺りは変わっている可能性大ですね。
自分の他記事でも書いていますが、若干使用機材が似通っている事もあって妙に親近感が沸きます。
一週間前だよ例大祭 Ver.2011 例大祭8」の記事で軽く触れています。
ついでに、そのクリエーターワークスで目黒氏が機材や音楽について書いている回をまとめておきます。

目黒の趣味雑記 Vol.5
目黒の趣味雑記 Vol.8
目黒の趣味雑記 Vol.10
目黒の趣味雑記 Vol.15
目黒の趣味雑記 Vol.16
目黒の趣味雑記 Vol.17
目黒の趣味雑記 Vol.18
目黒の趣味雑記 Vol.20
目黒の趣味雑記 Vol.24
目黒の趣味雑記 Vol.28
目黒の趣味雑記 Vol.31
目黒の趣味雑記 Vol.34
目黒の趣味雑記 Vol.37
目黒の趣味雑記 Vol.40
目黒の趣味雑記 Vol.41
目黒の趣味雑記 Vol.47
ディレクター目黒の開発日記Vol.7

主にDTMやギター、機材、ペルソナ等の携わったタイトルについて書いてあるものをピックアップしてみました。

が、個人的には土屋憲一氏のコラム・ブログがまた読みたい…!
音職人のつぶやき Vol.27
この人の文才は異常。勿論、DTMや携わったタイトルについてのお話もあるのでこちらも是非。
目黒氏と同じく音源をアップしている回もあるのでむしろ要チェック。



DTM、シンセ、スピーカー関係:

SD-90
Roland SD-90

もうこれとどれぐらいの付き合いなんだろう…。
概要は商品ページとかを見てもらうとして、バリバリ現役で動いてます。
MIDIがGS、GM2、XGの3種が鳴らせるけど…、正直GSキャピタルトーンしか使わな(ry
オーディオインターフェースも付いてて、ギターエフェクト、空間系エフェクトもあるんで、
一時期ギターの録音はこれ一台だけでやってましたね。
こいつのギターエフェクト凄いよ。
PGMでもストラトでも、同じ音になるw
まぁそりゃ、シングルとハムのトーンの違いは若干あるけども、
歪ませたらどっちも同じレベルで歪むという凄いディストーション。
ただ、このディストーションの歪みは嫌いじゃなかったりする。
ギターを使い分ける意味は無くなるけど…。
この頃からソフトシンセ、VSTやらDXiを使い始めるという知恵を身に付けたので、このMIDI音源自体はあんまり使ってない。
音作るのメンドくせぇとか、あんまり良い音が無かった時に使う、って感じで。
例えば、耳コピしたSecond Heavenなんかはピアノとストリングス、あとピアノに被ってる音…、ブライトネス?、はMIDI。

それ以外はVSTプラグインシンセ。案外と音自体は悪くなかったりする。

2013/02/03追記
下段にも書いておりますが少しDTM環境を見直して、オーディオインターフェースも新しいものに変えました。
ので、このSD-90は現状、接続されていない状態となっています。
これを外すとMIDI音源的に不便なような気もしますが、Cakewalk TTS-1(VST)やQuantum Leap GOLIATH(VST)で充分MIDIの代わりになるしなぁ…、という次第。
ドナドナするのもなんかもったいないし、長年使ってて愛着みたいなものもあるし、当分手元に置いておこうかと。


AudioBox22VSL
Presonus AudioBox 22VSL

SD-90にオーディオインターフェースを引退して頂いて、新たにこちらを接続しました。
概要はリンク先の公式サイトを観て頂ければ解るかと思いますが、コンパクトなボディの割に音は良いです。
マイク・インスト端子に刺さっているマイクケーブルはそのままPORPROに繋がっています。
むしろ、この商品の真価はドライバーをインストールした時に一緒に付いて来る、Virtual StudioLiveなのではないかと。
要は各ソースの音にイコライザやコンプなどをかけられるものなのですが、これがなかなか使える。
普段の音楽鑑賞でもこれを通すだけで結構遊べるんじゃないでしょうか。
実売価格2万円前後、という事を考えればなかなか良いかと思います。

PreSonus AudioBox 22VSLPreSonus AudioBox 22VSL
()
PreSonus

商品詳細を見る


POD PRO and N1R
LINE6 POD PROと、KORG N1R

どちらも譲り受けの品。
POD PROの方はギターシンセ…、と言うべき? エフェクトと歪みとアンプモデルを搭載したギター用のラック。
音作りに若干クセがあるものの、音は非常に良い。
最近はこれで基本的な音を作って、更にSD-90の方でもアンプモデルやEQで処理したりしています。
SD-90との違いはハッキリ解る感じで、例えばこれはSD-90のみの歪みとエフェクトで弾いた音。
リフとキーボードパートがセンター、リードは左右のチャンネル。ソロは右チャンネル。
これがSD-90ではストラトで弾いてもこのPGMの音とほぼ全く同じになるのがある意味凄い所。

「ビッグブリッヂの死闘」


で、

「ペルソナ4 霧」

これがPOD PROでクランチ気味の音にして、イントロのリフはセンター、リードはフロントで弾いた音。
さっきの「ビッグブリッヂの死闘」と音の質感も相当違う事が解るはず。
もっとも、ギターのピックアップ自体がPGM800はDiMarzio Tone Zoneで、所謂ハイパワー系のハムバッカーであり、
対してN5の方はSeymour Duncan SSL1を3発積んだ、直系のストラトサウンド、という違いはある。
どちらも好みの音だけど、あとは場面場面で使い分ける感じ。
音はもう、SD-90じゃなくてPODで作るけどw

下段はKORGのN1R。
…そういやこれ、配線ミスってて鳴らないんだった。直そう。
一応…、と言うか、まぁ、ハードウェアシンセか。

2013/02/03追記
※KORG N1Rは2013年1月26日にドナドナされました。
理由としては、正直、単純に全く使っていなかったのです。
DTM環境を少し見直した結果、N1Rを使っていないなら置いておいても仕方ない、と判断しました。


A-33
Roland A-33

これも譲り受けの品。
鍵盤なんて生まれてこの方、まともに弾いた事も無いけどね。
今までマウスとギターでボチボチ音を採ってたのが劇的にスピードは上がった。
ただし、スペースの都合上、76鍵も鍵盤使えません…。
オクターヴを変えられるから、手の届く範囲でいつもオクターブ調整して音を採ったり弾いたりしてます…。
右端の方に凄い勢いで埃が溜まっていきますよ!
でももう、鍵盤が無い環境は辛いなぁ。

2013/02/03追記
※Roland A-33は2013年1月26日にドナドナされました。
これも理由はN1Rと同じく、DTM環境を見直した際、設置予定だったメタルラックから超大幅にはみ出す、という事が解りまして…。
どうせフル鍵盤なんて使ってない(弾けない)し、直接これでMIDIノートを録音する訳でも無いので、もっとコンパクトなもので良いかな、と。


microKEY37
KORG microKEY37
で、ドナドナされたA-33に代わって、KORGのコンパクトキーボードに変えました。
A-33に比べると1/3程度のサイズになりましたw
結局、設置予定だったメタルラックにはメタルラックの位置の関係上、置いてもまともに弾けないと解ったので、DTMerっぽくモニタ前に設置されることになりました。
一応、ベロシティとかも検知出来ますが、先に言っておきます。
このキーボードは「とりあえず音が鳴って確認出来ればそれで良い」人向けです。
鍵盤のタッチははっきり言って良くないしベロシティの検知もなんか危ういです。
これをマスターキーボードにして録音だー、とか考えているならもっと良いキーボードにしましょう。
自分の場合は音の確認とフレーズを考えられれば良いや、程度なので、この価格、このサイズには充分満足しているんですが。
ちなみに、MIDI端子は付いていません。USBのみ。USBハブが側面にあるので、そこには後述のnanoKONTROLを接続しています。

KORG コルグ USB MIDI キーボード microKEY-37BKRD 【37鍵 限定プレミアム・モデル Black x Red】KORG コルグ USB MIDI キーボード microKEY-37BKRD 【37鍵 限定プレミアム・モデル Black x Red】
(2012/11/10)
KORG

商品詳細を見る



ATH-M50
AUDIO TECHNICA ATH-M50

モニタリングヘッドフォン。
若干ローが強いけど、もうこれが無いと無理。
でもまぁ、ヘッドフォンもそろそろ変えます。ソニーのMDR-CD900STに。

audio-technica プロフェッショナルモニターヘッドホン ATH-M50audio-technica プロフェッショナルモニターヘッドホン ATH-M50
(2007/09/01)
オーディオテクニカ

商品詳細を見る



MSP3
YAMAHA MSP3

モニタリングスピーカー。
モニターやら調整用で使うつもりだったけど、案外良い音で何だかんだと重宝してたりする。
前述の22VSL付属のVirtual Studio Liveと併用すればスピーカー的な不満はほぼ無くなるかと。

YAMAHA MSP3 ペアYAMAHA MSP3 ペア
()
ヤマハ

商品詳細を見る



nano kontrol
KORG nano kontrol

モニター手前、鍵盤横にある青/白のカラーリングのやつ。
DAWでフェーダーコントロールを行えるようにするUSB接続のアレ。
どうやらUSBハブをかますと動作してくれないらしい。で、結局はあんまり使っていないというオチ…。
SONAR自体、キーボードのショートカットで使ってて、それで慣れてしまっている、というのもある。
VSTプラグインに同期させて、フィルタの開閉とかをリアルタイムで記録出来れば使いやすいんだけど…。
って、出来るのか? ちゃんと調べてないや。
※2013/02/03追記
それから色々やった結果、VSTのコントロールをアサイン出来る事も解りまして、何だかんだと使っています。
と言ってもやっぱり、MIXの時ぐらいにしか使っていないのですが…。
今はこのnanoKONTROLは生産完了となりまして、nanoKONTROL2が販売されています。

KORG コルグ USB-MIDI コントローラー NANO KONTROL2KORG コルグ USB-MIDI コントローラー NANO KONTROL2
()
KORG

商品詳細を見る



ギター編:

PGM800
Ibanez PGM800

ご存知、Paul Gilbertモデル。
詳細はリンク先なり何なり、Google先生の力を借りて観て頂くとして。
やっぱり最大の特徴はこのネックの薄さ。ストラトの2/3程度かな? もうちょっと薄いか。
もうかれこれ10年以上使ってる事になるなー。
気に入っている点はネックの薄さ、ボディがライトアッシュだから結構軽い、ゴールドパーツ、リヴァースヘッド。
ブリッジ部分はシンクロナイズド・トレモロのように見えるけど、トレモロレスなのでアームは無し。
さっきはSD-90でのPGMの音を挙げたけど、VSTギターアンプ・エフェクトプラグインで音作りをしたものがこれ。

「Jack」

ポップンミュージック & beatmania IIDX 16 EMPRESSからDesQの「Jack」。(左右一本ずつ、ドロップD)
ちなみにこれはフリーのVSTプラグインをSONARのオーディオトラックに突っ込んでSD-90でアンプモデルだけ選んで、
ディストーションはオフにしたもの。
今聴くとこのプラグインの音、悪く無いな。Guitar Rig 3には敵わないけど…。
Amplitubeのフリー版だったような気がするけど、記憶が定かじゃない…。
後半に左右一本ずつ配置されているソロっぽい音はSD-90だけで作った音。
ちなみに「an insomniac from west」のギターはGuitar Rig 3とSD-90、両方の音が入ってるよ。


N5
Washburn N5

相変わらず詳細はGoogle先生のリンク先で観て頂いて…。
ネックはストラトと同じ程度の太さ。そして何よりボディがめちゃくちゃ軽い。PGM、普通のストラトより軽い。
そしてゴールドパーツとリヴァースヘッド。
俺たぶん、ゴールドパーツとリヴァースヘッド好きだな。
さっきはPGMとN5、と言うよりも、SD-90とPODの違いを挙げた感じだったけど、
PODでもう少しディストーションを強めにかけたものがこれ。

【東方永夜抄】I'll Face My Lunatics【竹取飛翔】

強めにディストーションをかけるとシングルのクセに意外と歪むな、という印象。
欲を言えばもう少しサステインが欲しい所ではあるけど…、ブリッジがシャーラー製のフロイドローズとか、
そんなもん交換出来るか勿体無い。
あと、やっぱりシングル搭載だからノイズは凄い!
パーツや弦に手を触れてる時は良いけど、手を離した瞬間に凄まじいノイズが乗るw
ただし、クリーンでのサウンドはもう、めっちゃくちゃ綺麗。
だから他人に説明する時は「ストラトよりストラトらしい音」と言っているw
どちらのギターも場面場面で使い分ける感じにはなると思うけど、N5の頻度は上がると思う。
元々、強めにピッキングしたらちゃんと歪む、軽くするとクリーンに近くなる、という音が欲しかったから。
N5とPODでそういう音に近付けた感じ。
それでも、どっちのギターも俺が弾いたら結局は自分の音、になるのがギターの不思議な所。
指先のニュアンスや力加減、ピッキングの角度とかが影響するんだろうなー、と。


DAW編:

DAWはSONAR8.5 Studio版。
VSTプラグインは…、色々。もう何があるかとか覚えてない。
メインでよく使うのはreFX VanguardFX Pansion BFD2KVR Trance-Proと…、あと何だろう…。
これもその時々によって色々変わるとしか…。
音源集としてはQuantum Leap GOLIATHもよく使う。生音系は結構強い。
他にNative Instrument MASSIVECakewalk z3ta+辺りもよく使うかな。
まぁ、z3ta+は先日初めて使って「あれ? 意外と使えるやん」と思ったんだけど…。
あとは、Miroslav Philharmonik CE(オーケストラ音源)がキャンペーンで1300円だったので買ったぐらいw
正直な所、音はあんまり良く無い。EQを駆使しないとそのまま使うのは厳しそう。
ただ、動作が軽い事だけは評価出来る点。
あ、8bit風の音を出せる、FAMISYNTH IIや、Magical 8bit plugなんかもよく使うかな。

※2013/02/03追記
前述の22VSLに、「Studio One Artist」というDAWも付属してきまして、こちらもインストールしてあります。
このArtist版はサードパーティのVSTが使えないという致命的な欠点はあるのですが、とりあえず操作に慣れるぐらいは出来るかな、と。
と言うのも、ゆくゆくはStudio One 2 Professionalに乗り換えたいのです。
ちょっと2012年末からヴォーカル編集をする機会があり、SONAR付属のV-Vocalを使って修正したり色々とやってはいたんですが…、こいつがとにかく超不安定。BFD2と併用するともう落ちない日は無い、っていうぐらい不安定でして。
それで正直、SONARに愛想が尽きた、という部分があります。
Studio Oneは元スタインバーグ(Cubaseの)の開発者が関わっているらしく、Cubase的な使い方が出来るとも聴いたので…。
あと、もう10年ぐらいSONARを触ってていい加減他のDAWも使ってみたいというのも本音です。どうせ「SONAR X」シリーズになったらUIもかなり変わるし。
敢えてCubaseに行かない辺り、自分の天邪鬼さが炸裂してますが…。
それに、何と言ってもメロダインがある。これはヴォーカル編集をする上で使ってみたいというのが一番大きい部分です。
実際はSONARと併用する形にはなりそうですが…。
まずはこのArtist版で操作に慣れてみようかと思います。

※2013/04/28追記
実は2013年3月の時点でStudio One 2 Professionalを導入してまして。
今の制作環境はほぼ全てStudio One 2となっております。
SONARと併用するかも、みたいな事を上で書いておりますが、結局SO2を導入してからSONARを起動したのは、制作中のプロジェクトをMIDIでエクスポートした時だけだった、という…。
使いやすいかどうか、と言われると、SONAR8.5よりは遥かに使いやすいです。正直雲泥の差。
SONARだと複数の手順を踏んでやらないといけないような事がSO2では一発で出来たりして、そういう細かい部分での違いが助かります。
が、32bit系のVSTがほぼ全滅しまして。
というのも、SONARには32bit/64bitVSTが動作するようにSONARのシステムで組み込まれていまして。それが無いSO2 64bitでは32bitは使用すら出来ないという状態でした。
BFD2やz3ta+2、GOLIATHなんかはネイティヴで64bit対応なので全く問題無いのですが、VanguardやTRANCE-PROなんかは起動すらせず…。
一応の解決策として、jBridgeを導入しました。要は32bitVSTを64bit環境で使うためのプラグインなのですが、コレを導入しても100%きちんと使えるかどうかは全く保証がありません。
一応、体験版があり、それで正常に動作するか確認する事は可能ですが。
で、VanguardとTRANCE-PROがまともに動くのか、と言うと…。一応は動きます。一応は。
ただ、何かの拍子でCPUがオーバーフローを起こすのか、使用率が突然MAXになったり平常になったり…。
この現象が発生するとCPU使用率がMAXになった時点でプチノイズが入ってくるようになります。
なので、100%信頼は出来ない…という事もあり、z3ta+2を導入した次第。
シンセのフリーズとかは出来るので、さっさと音作りしてさっさと波形化してしまえば問題は無いんですけどね。
MIDIの入力に関してはSONARの方がやりやすいかな、というのは事実として、それでも他の部分がSONARより良いので…。
BFD2+Melodyneを使ってても落ちないってだけでSONARより優れていると思わざるを得ない。(SONARでBFD2+V-Vocalを同時に使うと30分に一回は落ちるという奇跡のコラボーレションを発揮していた)
なので、使い方はまだまだ覚える事がありますが、たぶんSONARはこのまま封印の可能性が…。
プロジェクトをMIDIでエクスポートする可能性がまだあるので、当分は入れっぱなしにはなりますが。

【国内正規輸入品】PreSonus Studio One Professional 2 /パッケージ品【国内正規輸入品】PreSonus Studio One Professional 2 /パッケージ品
()
PreSonus

商品詳細を見る


ソフトシンセたち
拙作「THE PLACEBO STRIKER」を作っていた時のシンセのUIを表示したスクリーンショット。
最終的にそれで出来上がった音がこれになるという。

【東方花映塚】THE PLACEBO STRIKER【お宇佐さまの素い幡】

リズムはBFD2+サンプラーでキックとスネアを鳴らしてる。
ベースはLususで2種類混ぜて使ってたハズ、ゲートはVanguard、後半の「THE LAST STRIKER」パートもVanguard。
イントロや終盤のリード音がCakewalk Pentagon…だったと思う。


・おまけ

回想_旧版(幻想水滸伝II) - 東野美紀

昔に耳コピしていたファイルを発掘したので、メインの音をVSTで鳴らし直したもの。
ピアノはRoland Sound Center、ストリングスはRoland Ochestralを使っている。
声ネタの部分の音は無し。
で、それのMIXとか音がなんか微妙に不満だったので…。

回想_新版(幻想水滸伝II) - 東野美紀

全ての音源をQuantum Leap GOLIATHに変えて、MIXをし直して、声ネタのメロをギターで鳴らした感じ。
ピアノの質感は全然違うんだけど、ストリングスの質感はもしかしてRoland Ochestralの方が良かった…、かも知れないような気がしなくも無い。

正直、DTM関係も日進月歩の世界なので、ちょっとチェックしないとすぐに新製品やら何やらが出て来るのですが…。
まぁ、まだまだ揃えたいものは止まりませんな…。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材    ジャンル : 音楽


Comments

Leave a Comment



06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
タグリスト

 
プロフィール

GiT(じっと)

Author:GiT(じっと)
ゲームと音楽が好きなダメな人。

使用機材とか

色々

ましろ。
Youtube
ニコニコ動画
Soundcloud


 
Twitterフィード
 
 
 
Amazon TVゲームベストセラー
 
 
ブクログ
読んだ本やプレイしたゲームを忘れないように…。
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
Amazon ホビーベストセラー
 


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。