こんぱち。

音楽サークル「ましろ。」についての情報やDTM、ゲームについてだらだらぐだぐだ語ります。 たまにゲーム以外の事も。

 

PS3「VANQUISH」先行体験会 in 大阪日本橋


Category: PS3   Tags: PS3  感想  VANQUISH  プラチナゲームズ  高田雅史  セガ  三上真司  丹波映理納  
たまたま日本橋に行ったら日本橋のPSコンセプトストアでPS3「VANQUISH」の先行体験会をやっていたのでプレイしてきました。
15時半頃に覗いたら結構な行列が出来ていたので、終了間際の17時過ぎに行ってきました。

「VANQUISH」オフィシャルサイト




うん、あのー。俺専用台になってた。

セガスタッフ「ゲームは普段プレイされます?」
俺「もち」
セガ「TPSとかFPSは?」
俺「TPSは結構プレイしますよ、ただ、ヴァンキッシュの操作方法が解らない」
セガ「じゃあ説明しますねー」

という感じで、スタート直後の場面でスタッフさんに操作を直接教わる。

移動:左スティック
照準:右スティック
構え:L1
射撃:R1
ブースト(ダッシュ):L2
リロード:R2
障害物の近くでカヴァー:□
緊急回避(ローリング):×
近接攻撃:○
武器の切り替え:十字キー

まぁ、オーソドックスなTPSの操作スタイルですね。
他のTPSで慣れている人には特に問題無いでしょう。
と言うか、思わず…。

俺「普通のTPSとほとんど一緒ですよね」
セガスタッフ「え、あ、そうですね」

とか言ってしまってごめんなさい。
「ヴァンキッシュ」の肝となるべき部分はL2で発動のブースト、だろうな、やっぱり。
進みたい方向+L2で「押している間だけ」高速移動する。
画面右下のブーストゲージが切れるまでブースト可能。
ゲージは時間で回復。ブースト中に残量が切れるとオーバーヒート状態で一定時間ブースト不可となる。
更に特殊操作として、構えながら+L2でスローモーションでブースト。
俗に言う、「バレットタイム」ですね。
もう一つ、ローリング中にL2でブーストしても、スローモーション発動。
このスローモーションも残り時間が照準の近くに表示される。
また、ブーストボタンを離す事で途中で解除も可能。
そしてもう一つスローモーションの発動条件。瀕死になる事。
これは案外と良いシステムだと思う。態勢を立て直す事が出来る。
部位破壊が必要なボスには、瀕死状態のスローだと狙うポイントが表示されるのも面白い。

セガスタッフ「難易度どうされます?」
俺「どう違うんです?」
セガスタッフ「カジュアルオートはある程度、敵に自動照準します。ノーマルは手動照準です
俺「じゃあノーマルで!」

と、勢い勇んでプレイ開始。
初っ端から結構派手な演出。

ブースト使いまくって「おおー」とかやってたら、飛んで来た車のオブジェクトに潰されて即死。

俺「はい!?」
セガスタッフ「あ、車のオブジェクトですね…」
俺「当たり判定あんの!?」
セガスタッフ「はいwww」

先に言えよテメェ。

俺のヴァンキッシュファーストコンタクトは20秒で即死という結果。
気を取り直してリトライ。

車のオブジェクトを華麗に回避し、いざ戦場!
いきなりとんでもない所に放り込まれたぜハッハー! な勢いで敵を倒す。
ちなみに、画面は60fps描画でした。時折フレームレートが低下するけど、基本は60をキープ。
結構ぬるぬる動くよ。
障害物に隠れて(カヴァー)、照準を合わせるも意外と敵の攻撃が激しく、障害物があっさり壊れる。
で、次の障害物までブーストで接近して隠れて、また狙う、という感じ。
もう一つちなみに、近接攻撃で敵を倒すと強制オーバーヒート状態になる。
ブースト→近接攻撃→ブースト、というような使い方は出来ない。これは評価が地味に別れそうなポイント。

マシンガンで敵を蹴散らす。
グレネードで敵を吹っ飛ばす。
ブーストで一気に移動して、背後に回って敵を蜂の巣にする。
一気に接近して、敵をブン殴る。
敵の二足歩行ロボを奪い、キャノンで蹴散らす。
固定砲台を陣取って敵の増援輸送機を叩き落す。

これ、面白い…。

以上の行動がとにかくテンポよく進む。
ブースト関連の操作に最初は戸惑うけど、慣れてくるとすっげぇ爽快。
ホント戦場は地獄だぜフゥーハハー! なノリで敵を蹴散らすと、ついにボス戦。

トレイラーでも映っていた、あの「板野サーカス」ばりのミサイルを発射してくれるあのお方。
「ARGUS CORE」というボスで良いのかな。
障害物に隠れながら部位を破壊、するとコアが露出するので…、撃ちまくる。
すると第二形態へ変形、人型ロボになりやがった上に、収束ビームに当たると、即死。
しかもガンガン障害物を破壊してくるので、カヴァー出来る箇所がどんどん減っていく!
部位を破壊すると、敵に飛び移る演出から、軽いQTE的なイベントを挟んで、右腕破壊!

…と、調子に乗ってやっていたら即死ビームで即死。あうあ。

そしてここで時間切れ。

コントローラを置いて立ち去ろうとしたら…。

セガスタッフ「ああ! ちょっと待って!」
俺「?」
セガスタッフ「これ持って帰ってください! どうでした!?」
俺「面白かったですよー。発表当時から期待してたんで」
セガスタッフ「是非発売したら買ってください!」
俺「おういえ!」

うん、買うよ。これは買う。単純に面白かった。
ちなみに、リーフレットとケースを貰いました。

ただし、若干ではあるが気になる点。

・構えからの照準の移動速度が遅い。

いくらなんでもこれはオプションで変えられるだろ…。と信じている。
つーか照準速度の調整出来ないTPS・FPSなんか無いよね?
オプションで変更出来るか聴かなかったのは痛恨のミス。

・カヴァーが若干やりにくい。

乗り越えられる高さの障害物であれば、カヴァーから□ボタンで乗り越える事が可能。
が、一発で乗り越えられないのかな? これ。
ちょっとそこでテンポが狂う。

30分弱のプレイで気になったのはこの2つ。
照準速度は問題無いだろうとして、後者がちょっと気になる。慣れたら違和感も感じないのかな。
ただ、やっぱり三上真司は凄い。
普通のオーソドックスなTPSに見えて、ハイスピードでアクション性が非常に高い。
TPSの出来としても、アクションの出来としても上々の出来に仕上がってる感じ。
TPSのタイトルで、視覚・操作・ゲーム性で興奮したのは久々かも。
「アンチャーテッド」とは違う意味で面白い。

余談ではあるけど、隣の台でプレイしていた外国人3人組のテンションが異常に高くて面白かった。
「Oh!」
「Yeah!」
「Wow!」

ホントにTPSとかFPSやってたらこんな事言うんだね、海外の人って。

あ、音声は日本語・英語切り替えが出来るそうです。
俺は英語の方でプレイしたけど…、外国人は日本語台でプレイしてて意味解ったのか?
この手のゲームはやっぱり英語の方が臨場感があるね。初プレイは英語でやろう。
主人公が良い感じにイケメン親父+厨二くさいのも個人的には高ポイントだ。

(ボス戦前のイベントで)
オペレータ「火力を重視しているから一部の装甲に問題があるわ」
主人公「なら…、撃ちまくるしかねぇな!」

素敵。

唯一、惜しむらくは効果音の音量がデカすぎて、高田先生のBGMが一切聴こえなかった事…。
良いよ、製品版で楽しんでやる。

という訳で、PS3/Xbox360「VANQUISH」、10/21発売です。



VANQUISH 特典 武器ダウンロードコード付きVANQUISH 特典 武器ダウンロードコード付き
(2010/10/21)
PlayStation 3

商品詳細を見る


VANQUISH 特典 武器ダウンロードコード付きVANQUISH 特典 武器ダウンロードコード付き
(2010/10/21)
Xbox 360

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ■PLAYSTATION®3    ジャンル : ゲーム


Comments

Leave a Comment



10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
タグリスト

 
プロフィール

GiT(じっと)

Author:GiT(じっと)
ゲームと音楽が好きなダメな人。

使用機材とか

色々

ましろ。
Youtube
ニコニコ動画
Soundcloud


 
Twitterフィード
 
 
 
Amazon TVゲームベストセラー
 
 
ブクログ
読んだ本やプレイしたゲームを忘れないように…。
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
Amazon ホビーベストセラー
 


Archive   RSS   Login