こんぱち。

音楽サークル「ましろ。」についての情報やDTM、ゲームについてだらだらぐだぐだ語ります。 たまにゲーム以外の事も。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSVita/Steam 「VA-11 HALL-A」 感想


Category: PC   Tags: Steam  インディーズ  PLAYISM  
PSVita版/Steam版ともに日本語版発売は2017年11月16日。

日本語版公式サイト(PLAYISM)

Steam

PSVita版公式サイト

本作はベネズエラの開発チーム、Skeban Gamesが開発したれっきとしたインディーズゲームであり、Steamでは2016年に配信されていたものである。
昨年には自分も本作の存在を認知していたが、筆者の心もとない英語力ではなかなか購入に踏み切れなかった一作だ。
今回PLAYISMによるローカライズを経て、ついに日本語環境でプレイできることとなった。

前回の「ルート何とか」に続きアドベンチャーゲームのレビューが連続するのは稀で、また、クリア後すぐにレビューを書かなければならない、と思うのも非常に稀だ。
正直に言うと、本作をプレイし始めた10分後には「この作品だけは何としてもレビューを書かなければいけない」と思ったほどだ。
何故か? このゲームは紛れもなく傑作だからだ。
ただしこれも先に述べておくと、本作は非常に人を選ぶ、恐らく万人受けはしないゲームだ。
だが、刺さる人にはトコトン刺さる。
そんなパンク魂溢れる本作の魅力を紐解いてみよう。

※なお、筆者はSteam(PC版)でプレイしている。
※恐らくではあるが、プレイアビリティはPSVitaの方が良いはずだ…、と信じている。
※幕間で読めるAndroid端末風の画面の操作やカクテル作りの際にはタッチパネルの方が遥かに有効的だ。
※…と言いつつ、PSVita版でそこが未対応なら申し訳ないのだが…。

 

スポンサーサイト

テーマ : PCゲーム    ジャンル : ゲーム

PS4「√Letter」(ルートレター)感想


Category: PS4   Tags: PS4  角川ゲームス  ルートレター  感想  
で、ゲームの感想系記事でそのまま「バイオ7」とか「仁王」とかやると思ったら大間違いな訳だ。

今回のお題はこちら。

「√Letter」(ルートレター)

公式サイト
(どうでも良いがFirefoxで閲覧すると画面をスクロールしたら表示が崩れる。自分の仕事の範疇ならバグ案件である…。)

PS4/Vitaで発売された本作、実は発表時点から気にはなっていた。
このご時世に売れ筋とは思えないミステリー風のシチュエーション、主要ヒロイン三人が作品ごとに役割を変えて登場するスターシステムのような展開、舞台を島根に絞ったところなど。
だが結局、当時優先するゲームの順ではやはり後回しになってしまい、いつしかプレイするタイミングを失いつつあった。
そこへPSN夏のサマーセール+10%引きクーポンで本作が1300円程度で入手できる! となっては、お盆休み中にプレイするのにこりゃちょうど良い、と購入してしまった訳で。
実際にはお盆休みの間はほぼ「仁王」をやっていた、というのが実情なのだが、積みゲーになるのも偲びない、ということでプレイすることにした。

いや、ちょっと待て。

このシチュエーション、筆者はいつか体験した気がする。
確かあれは三年前の夏、2014年8月のこと…。

かすかなデジャヴュを感じつつも筆者はまだ高を括っていた。
「別ゲーやしあんなことになる訳無いやろ」と。

本年は執筆時点でゲームが豊作で、更にどれも出来が良いという素晴らしい年である。
年初の「グラビティ デイズ2」「バイオハザード7」、「仁王」「NieR Automata」「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」、「Horizon Zero Dawn」に始まり、そのどれもが高い評価を獲得している、ゲーマーにとっては素晴らしい年である。(海外を視野に入れると「ペルソナ5」も今年4月に発売されている)
事実、筆者も「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」以外はプレイしており、そのどれらも楽しんだ。
(余談だがswitchはいつになったら安定供給できるんですかね…。)

傲慢があったのかもしれない。
油断があったのかもしれない。

「今年」プレイするゲームは基本的に当たりだと。
当たり前のことを見落としていたのだ。このゲームは、2016年発売であるということを。

やがてデジャヴュは現実のものとなる。
これは過去からの訪問者。三年の時を越えてやってきた、自分への戒め。

過去は、正しく殺さねばならない。

※今回はほぼ文句です。長いです。感想記事の性質上、ネタバレを存分に含みます。

 

テーマ : PS4    ジャンル : ゲーム

PSVRあれこれ


Category: PS4   Tags: PS4  PSVR  SIE  バンダイナムコ  カプコン  バイオハザード  アイドルマスター  セガ  
半年以上ぶりの更新ですが生きています。
8月の末にようやくPSVRを手に入れまして、その所見と言うか覚書と言うか。

本体についてどうのこうの言うのはこの際止めておこうかと思う…、が。。。
異常に煩雑な接続と配線はどうにかならんのか、とか、付属イヤホンちょっとしょぼくない? とか…、色々あるのはある。
イヤホンは付属するだけまだマシか。しかしカナル型なので長時間の装着は耳が痛くなることも。
この辺りは付属しているサイズ別のイヤーチップで対応してくれ、ということか。
しかし、ヘッドホンは別に用意した方が良いと思う。自分もそのつもり。

装着感は人によって変わるから何とも言えないが、自分は割と長時間装着していても疲れは無い。
ゴーグルを割と上部に持ってこないと滲んで見えたりするけど、他の人はどうなんだろう。

まぁそれはともかく…。

コンテンツ的な部分の所見を書いていこうと。

例によって例のごとく…、と言うか今回はめちゃくちゃ長いです。

 

テーマ : PS4    ジャンル : ゲーム

2016年のまとめ ゲーム的なイベント編


Category: ブログ   Tags: PS4  
気付けば年の瀬ですよもう。やってらんないっすよ。

今年も色々ありました。
まさかの「シルバー事件」復活から、1年でPS4を2回も買い替えるとは夢にも思ってなかった。(PS4 Proに買い替えました)
そして、今年は「行ける範囲のゲーム系イベントには積極的に行く」というのが裏テーマでした。
ブログではプラチナゲームズへ訪問したことしか書いていないので、もう少しその辺を残しておこうと。

さらっとまとめるつもりがいつの間にかいつもの分量。つまり、長いです。

 

PS4「アイドルマスター プラチナスターズ」感想…と言うより批判


Category: PS4   Tags: PS4  感想  アイドルマスター  バンダイナムコ  
生きてます。

最近は「シルバー事件」を無理やり名作だと持ち上げる風潮にうんざりしています。

3月にプラチナゲームズを訪れてから色々ありました。
7月にbitsummit 4thへ遊びに行って昨今のインディーズゲームのクオリティの高さと熱に触れたり、
10月頭には大阪でPlayStation 祭に参加して「仁王」のTGS出展ステージを無事初見でクリアしたりPSVR体験をしたり、
「シルバー事件 HDリマスター」のパッケージ版買おうと思ってたのに結局待ちきれずにDX版をDLしたり、
気付けばIIDXが23 copulaから24 SINOBUZになったり、麻雀格闘倶楽部を始めてみたり。

まぁそんなこんなで色々あった訳ですが…。
ええ、半年以上放置していた訳で、流石にちょっとどないかせんといかんと思いつつキーボードを叩いている次第。
「シルバー事件」に関しては以前にもちょっと書きたいという旨は書いたと思うのですが、これは近い内にかなと。
「HDリマスター」が発売されて、色んな人が色んな感想記事を書いたりしていますが、それらとは違う切り口で書くつもりです。
だって、テキストとグラフィックのセンスが~、とか、もう見飽きたよね?
そんなもん人に言われるまでも無いんですよ、あのゲームは。

まぁそれは置いといて。
で、感想記事は色々書こうと思えば書けるんですが、やっぱり現在進行系で問題点が大半を占めると思う、コレについて書く訳です。

PS4「アイドルマスター プラチナスターズ」。

例によって例の如く、長いですよ。と言うか、批判しか無いです。今回は(も?)。

 

テーマ : PS4    ジャンル : ゲーム

プラチナゲームズ スタジオツアーに行ってきました その2


Category: ブログ   Tags: プラチナゲームズ  
という訳で後編です。

 

テーマ : ▼ゲームの話    ジャンル : ゲーム

プラチナゲームズ スタジオツアーに行ってきました その1


Category: ブログ   Tags: プラチナゲームズ  
3月初旬にたまたま職場の休憩時間中にTwitterを眺めていたら、4gamerの記事が目に留まる。
何やらプラチナゲームズがユーザー参加イベントを企画しているらしい。
「ほーん」とその時は思ったけど、帰ってからふと思い出してプラチナゲームズのサイトを観る。
午前と午後で各回20人程度ってハードル高すぎるやろ…、まぁええわ、応募するだけやったらタダや!
…と思って勢いで応募して、応募した事も忘れかけてた翌週に、まさかの当選通知。
仕事が終わってから友人と遊んで帰宅して、PC付けて夜中に「嘘ッ!?」と叫んだ。

そんな訳で、プラチナゲームズさんにお邪魔してきました。

いつものノリで書いてるんでクソ長いです。しかもこれ前編。

 

テーマ : ▼ゲームの話    ジャンル : ゲーム

04 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

03

05


 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
タグリスト

 
プロフィール

GiT(じっと)

Author:GiT(じっと)
ゲームと音楽が好きなダメな人。

使用機材とか

色々

ましろ。
Youtube
ニコニコ動画
Soundcloud


 
Twitterフィード
 
 
 
Amazon TVゲームベストセラー
 
 
ブクログ
読んだ本やプレイしたゲームを忘れないように…。
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
Amazon ホビーベストセラー
 


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。